読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どしたんっ、その音!

〜吹奏楽/ブラスバンドに関わってまだ日が浅い指導者のための指南書として〜

心の響きは 無二の旋律

心の響きは 無二の旋律 卒業生に贈った言葉。 説明は,むしろいらないよね。

音の向かう先(音程を合わせよう)

楽器を演奏する時。 音が向かう先をイメージして意志をもって音、特に音程をつくらないと、 惰性で生まれた行き場のない音になってしまう。 大前提として知っておかなければならないことは、 「吹奏楽で使用する管楽器は、ただ吹いただけでは正しい音程にな…

語ろう、夢

今日は、吹奏楽部の保護者会説明会を行った。 1年の活動計画を伝えるとともに、とあるプロジェクトについても説明する。なかなかビッグなプロジェクトだから、実現させるまでの数々の乗り越えるべきハードルが見えている。 こんな時大切にしたいのは、やはり…

チューニングが嫌い(←だめ)

嫌いなんですよ,チューニングが。 いや,ダメなのはわかってますよ。チューニング,大事。 尊敬する先生の言葉は, 「442近辺で吹くな。442で吹け。」です。 が。 嫌いなんです。 (この絵,440やん。) 嫌いな理由は,なんかこう,メーターの左右に振り回…

2つの三角形(その2:すてきな音楽をつくる三角形)

続いて,うちのリトルさん(新人さん)に教えた2つ目の三角形はこれ。 「すてきな音楽をつくる三角形」 いわゆる「音楽の三要素」というやつだ。 リズム(律動) メロディ(旋律) ハーモニー(和音) 文献によっては,「リズム」を最初においたり,「メロ…

やりたい曲 できる曲 やらせたい曲

地元には,小学生高学年を集めた「合同吹奏楽バンド」なるものがある。 今日,新年度はどんな体制で行くかを話し合う会議が行われた。 自分は例年通り「選曲委員」なるものに所属し,来年度はどんな曲に取り組むか考える役割に。 曲を決める時に考えることは…

「音の記憶」 / 卒業式練習 入場退場

卒業式シーズン。 私たち吹奏楽部も,入退場の曲を演奏する事になっています。 1年間一緒に過ごし,同じ目標に向けてがんばった先輩達の卒業の場。 そんな節目の式に,音楽という形で華をそえられるのは,音楽家の特権かもしれません。 演奏曲は,入場「威風…

2つの三角形(その1:「人」の三角形)

うちの吹奏楽に新人さんがやってきた。 うちの吹奏楽は今年から1年間の見習い時期があって,そこで楽典の基礎や集団活動の心構えを勉強することにした。そのメンバーをLittle(リトル)さんと呼んでいる。 小学2年生を中心としたリトルメンバーは,まぁ!か…

私の「できた!」

一枚の楽譜を練習していて。 「できた!」 とメンバーは言うのだけれど、どのような状態のことを「できた」というんだろ。楽器を始めたばかりのメンバーが言うのと、楽器を始めて3年経ち、卒業間近というメンバーが言うのでは、ずいぶん違う。 そこにあるの…